国民年金を安くする

年金分割をして年金が貰えるようになる時期

スポンサーリンク


年金分割をして年金が貰えるようになる時期について



年金分割を行なったとしても、あなたが年金を貰っていたとしても、
もしも、配偶者が年金をまだ貰う事ができる年齢に達していない場合には、
まだ、年金分割部分の年金を貰う事はできません。



年金分割を行なったとしても、配偶者である、夫又は、妻が
年金を貰えるような年齢になっていないと、年金分割部分の年金を
貰う事はできません。




では、実際には、いつから年金が貰えるようになるのでしょうか?



基本的には、国民年金は、65歳から。
厚生年金は、65歳からになります。
この厚生年金を貰えるようになる年齢は、当初、60歳からでしたが、
昨今の年金問題の影響により、厚生年金が貰えるようになるのは、いずれ65歳からになります。
この為、60歳からの厚生年金の支給は、段階的に廃止されていきます。



このように、厚生年金を貰うことができる年齢は、2つに区分することができます。
この区分の方法は、

  ・60歳〜65歳になるまで
  ・65歳以降

のように、65歳より前か後かで分けることが出来ます。


ちなみに、厚生年金から年金を貰う為には、1年以上、厚生年金に加入して、
保険料を納めておく必要があります。

もしも、あなたが、OLなどをしていて、厚生年金に加入していた期間が1年以上
ある場合には、60歳から厚生年金がもらえ、この厚生年金と共に、
年金分割部分の年金も貰えることになります。

もしも、あなたが、国民年金しかもらえない場合には、65歳から
国民年金から年金がもらえますので、年金分割部分の年金も
65歳から貰えることになります。



60歳〜65歳までの厚生年金




60歳から貰える老齢厚生年金は、

  ・報酬比例部分の老齢厚生年金
  ・定額部分

の2つが支給されます。

この「報酬比例部分の老齢厚生年金」「定額部分」
合わせて、「特別支給の老齢厚生年金」と言います。
「特別支給の老齢厚生年金」の支給は、生年月日により、「定額部分」の支給が打ち切られていきます。
つまり、段階的に65歳になるまでの間に支給される年金が少なくなります。




生年月日による、段階的な厚生年金んお「定額部分」の支給廃止について


下記の生年月日を基準に、厚生年金の「定額部分」の支給が廃止されます。
下記の年月日は、男性の生年月日です。
女性の場合は、下記の生年月日より5年遅れになります。


・昭和16年4月1日以前(女性:昭和21年4月1日)
報酬比例部分の老齢厚生年金 : 60歳から支給
定額部分          : 60歳から支給

・昭和16年4月2日〜昭和18年4月1日(女性:昭和21年4月2日〜昭和23年4月1日)
報酬比例部分の老齢厚生年金 : 60歳から支給
定額部分          : 61歳から支給

・昭和18年4月2日〜昭和20年4月1日(女性:昭和23年4月2日〜昭和25年4月1日)
報酬比例部分の老齢厚生年金 : 60歳から支給
定額部分          : 62歳から支給

・昭和20年4月2日〜昭和22年4月1日(女性:昭和25年4月2日〜昭和27年4月1日)
報酬比例部分の老齢厚生年金 : 60歳から支給
定額部分          : 63歳から支給

・昭和22年4月2日〜昭和24年4月1日(女性:昭和27年4月2日〜昭和29年4月1日)
報酬比例部分の老齢厚生年金 : 60歳から支給
定額部分          : 64歳から支給

・昭和24年4月2日以降(女性:昭和29年4月2日以降)
報酬比例部分の老齢厚生年金 : 60歳から支給
定額部分          : 65歳から支給




また、上記では、65歳まで貰える「報酬比例部分の老齢厚生年金」の支給が廃止になります。つまり、65歳まで年金が貰えなくなります。




生年月日による、段階的な「厚生年金」の支給廃止について


下記の生年月日を基準に、「老齢厚生年金」の支給が廃止されます。
段階的に廃止される老齢厚生年金は、「報酬比例部分の老齢厚生年金」です。
老齢厚生年金の段階的な支給の廃止は、平成25年からになります。
完全に廃止されるのは、平成37年からです。

下記の年月日は、男性の生年月日です。
女性の場合は、下記の生年月日より5年遅れになります。


・昭和28年4月1日以前(女性:昭和33年4月1日)
報酬比例部分の老齢厚生年金 : 60歳から支給

・昭和28年4月2日〜昭和30年4月1日(女性:昭和33年4月2日〜昭和35年4月1日)
報酬比例部分の老齢厚生年金 : 61歳から支給

・昭和30年4月2日〜昭和32年4月1日(女性:昭和35年4月2日〜昭和37年4月1日)
報酬比例部分の老齢厚生年金 : 62歳から支給

・昭和32年4月2日〜昭和34年4月1日(女性:昭和37年4月2日〜昭和39年4月1日)
報酬比例部分の老齢厚生年金 : 63歳から支給

・昭和34年4月2日〜昭和36年4月1日(女性:昭和39年4月2日〜昭和41年4月1日)
報酬比例部分の老齢厚生年金 : 64歳から支給

・昭和36年4月2日以降(女性:昭和41年4月2日以降)
報酬比例部分の老齢厚生年金 : 65歳から支給



このように、年齢によっては、厚生年金の支給開始の時期が違ってきますので、
もしも、年金分割を行なう場合には、いつから年金分割部分の
年金が貰えるようになるかをしっかりと把握しておきましょう。



既に、年金を貰っている場合


既に、夫婦ともに年金を貰っている人の場合に、年金分割を請求した場合には、
年金分割の請求を行なった次の月から年金分割した部分の
年金を貰う事ができます。



もし、夫婦のどちらか一方のみが、年金を貰っている場合には、貰っている人の年金のみが
年金分割の請求した翌月から年金分割された部分の
年金が貰う事ができます。



スポンサーリンク




老後の資金計画はお済ですか・・・?


定年退職後は、公的年金だけで十分な生活ができるのだろうか?
そんな公的年金について心配のあなたにとって老後について考えておく必要があることがあります。

厚生年金、国民年金、共済年金などの公的年金をもらう年代になると
お金の事と同時に心配になるのが、健康面の心配ではないかと思います。
多くの方が年齢とともに健康を害する可能性が高くなると思いませんか・・・。


このような健康に関する、もしもの時のことを考えると、老後の生活を安心して過ごす為には生命保険見直しが大切です。
生命保険の見直しを行い、老後の病気に備えつつ、同時に無駄な保険料の出費を抑える事も可能です。
生命保険の保険料は、一生涯のうち住宅購入の次に高い買い物だとも言われています。
だから、生命保険の見直しで無駄な出費を抑えつつ、老後の病気に備えるのも年金と同じぐらい大切ではないでしょうか?


では、生命保険の見直しってどうしたらいいのか?
そんな声が聞こえてきそうですね!(^0^)

それは、公平な立場で安心して相談にのってくれると評判の専門家を選ぶことです!!!
そんな専門家に無料で相談できるのが、
コチラ ⇒ 保険マンモス