国民年金を安くする

国民年金の保険料を一年分を現金で支払う方法

スポンサーリンク


ここでは、現金で、一年分の国民年金の保険料を前もって支払う事で保険料を安くする方法について説明しています。


一年分を現金で支払う方法


1年分の年金の保険料の支払いを行なうと割引が適応されます。
これは、現金で年金の保険料を支払っても、口座振替で支払っても割引の適応を受ける事ができます。


現金で、国民年金の保険料、一年分を前納した場合には、3,000円の割引が適応されます。口座振替で、国民年金の保険料、一年分を前納した場合には、3,550円の割引が適応されます。

このように、口座振替にした方が現金で支払うよりは割引う受けることができますが、現金で一年分をまとめて支払うことにより、3,000円の割引が受けられます。



毎月支払う方法と1年分をまとめて支払う方法


現金で毎月、年金の保険料の支払いを行う場合には、下記のようになります。
(金額は、2007年現在です。)

14,100円 × 12ヶ月 = 169,200円


現金で1年分をまとめて支払う場合には、下記のようになります。
(金額は、2007年現在です。)

14,100円 × 12ヶ月 − 3,000円 = 166,200円


このように、3,000円の割引が適応されることになります。



注意点


口座振替で、国民年金の保険料を支払う場合には、1年分の保険料の支払いを行なう以外にも6ヶ月分を前納することが可能です。

しかし、現金で国民年金の保険料を支払う場合には、1年分のみの支払いが可能ですが、6ヶ月分を支払うことは出来ませんので注意が必要です。



現金で前納を行なえる期間


現金で、1年分の国民年金の保険料を前納する場合には、4月中に支払う必要があります。ただし、4月30日が休日の場合には、5月1日まで可能のようです。

このように、前納を行なう場合には、前納が行なえる期間が決まっていますので、いつからでも前納が可能と言うわけではありませんので注意が必要です。



一年分を現金で支払った場合の割引額


現金で1年分の年金代を前納で支払った場合には、
年間 3,000円の割引が適応されます。



国民年金の前納の申し込み場所


国民年金を口座振替にする場合の申し込み先には、

 ・あなたが口座を持っている金融機関か郵便局
 ・社会保険事務所

から申し込みを行なうことができます。


それぞれの窓口にて、前納用の納付書がありますので、納付書を添えて保険料をまとめて支払うことができます。



このように、年金の支払いの一年分を口座振替で支払う事で、年間の家計の支出を抑えることが出来ますので、参考にして頂ければと思います。




スポンサーリンク




老後の資金計画はお済ですか・・・?


定年退職後は、公的年金だけで十分な生活ができるのだろうか?
そんな公的年金について心配のあなたにとって老後について考えておく必要があることがあります。

厚生年金、国民年金、共済年金などの公的年金をもらう年代になると
お金の事と同時に心配になるのが、健康面の心配ではないかと思います。
多くの方が年齢とともに健康を害する可能性が高くなると思いませんか・・・。


このような健康に関する、もしもの時のことを考えると、老後の生活を安心して過ごす為には生命保険見直しが大切です。
生命保険の見直しを行い、老後の病気に備えつつ、同時に無駄な保険料の出費を抑える事も可能です。
生命保険の保険料は、一生涯のうち住宅購入の次に高い買い物だとも言われています。
だから、生命保険の見直しで無駄な出費を抑えつつ、老後の病気に備えるのも年金と同じぐらい大切ではないでしょうか?


では、生命保険の見直しってどうしたらいいのか?
そんな声が聞こえてきそうですね!(^0^)

それは、公平な立場で安心して相談にのってくれると評判の専門家を選ぶことです!!!
そんな専門家に無料で相談できるのが、
コチラ ⇒ 保険マンモス