国民年金を増やす

小規模企業共済について

スポンサーリンク

ここでは、小規模企業の事業主の退職金制度である、小規模企業共済について説明しています。
この小規模企業共済は、中小企業の事業主である社長の為の退職金せいどでありますが、退職金という形式を使って、老後の資金を準備することが可能であるという事でここで説明させて頂いています。

ここでは、どのような事業主が小規模企業共済に加入することが出来るのか、小規模企業共済の掛け金や給付金についてや、保険料を支払う時やお金を受け取る時の税金関係ついても説明していますので参考にして頂ければと思います。


【小規模企業共済について】

小規模企業共済は、従業員が20人以下の小規模企業の個人事業主または会社の役員が退職したり廃業した場合にそれまでに積み立てていた掛け金を受け取れる共済制度です。

つまり、従業員が20人以下の小規模の事業主の退職金制度という事になります。
卸売り、小売、サービス業の場合は、5人以下でも加入することが可能です。


小規模企業共済の掛け金

小規模企業共済に加入する場合の掛け金は、下記の条件内で自由に設定することが可能です。

・1000円〜7万円の間で、500円刻みで自由に加入できます。
・納付した掛け金の範囲内であれば、一定の要件があるものの
 事業資金の貸し付けとして受け取れます。
・加入後の増額、減額は可能です。
 減額の場合は、一定の要件が整っていつ必要があります。
・所得が無いなどで、掛金を納めることが困難な場合は、掛け止めができます。


小規模企業共済の給付

小規模企業共済の給付を受ける場合には、一時金又は、分割払いで給付を受けることが可能です。また、一時金、分割払いの併用も可能です。


小規模企業共済の税金関係

・掛け金:所得控除
  小規模企業共済の掛け金を支払った時は、所得控除の対象になります。
・一時金:退職所得
  小規模企業共済を一時金で貰った場合には、退職所得の対象となります。
・分割受取:雑所得(公的年金と同じ公的年金控除)
  小規模企業共済を分割払いで貰う場合には、雑所得の課税が対象になりますが、
  公的年金控除の対象にもなります。




スポンサーリンク




老後の資金計画はお済ですか・・・?


定年退職後は、公的年金だけで十分な生活ができるのだろうか?
そんな公的年金について心配のあなたにとって老後について考えておく必要があることがあります。

厚生年金、国民年金、共済年金などの公的年金をもらう年代になると
お金の事と同時に心配になるのが、健康面の心配ではないかと思います。
多くの方が年齢とともに健康を害する可能性が高くなると思いませんか・・・。


このような健康に関する、もしもの時のことを考えると、老後の生活を安心して過ごす為には生命保険見直しが大切です。
生命保険の見直しを行い、老後の病気に備えつつ、同時に無駄な保険料の出費を抑える事も可能です。
生命保険の保険料は、一生涯のうち住宅購入の次に高い買い物だとも言われています。
だから、生命保険の見直しで無駄な出費を抑えつつ、老後の病気に備えるのも年金と同じぐらい大切ではないでしょうか?


では、生命保険の見直しってどうしたらいいのか?
そんな声が聞こえてきそうですね!(^0^)

それは、公平な立場で安心して相談にのってくれると評判の専門家を選ぶことです!!!
そんな専門家に無料で相談できるのが、
コチラ ⇒ 保険マンモス