国民年金について

国民年金について(その2)

スポンサーリンク

ここでは、自営業者やフリーの人などが、老後になって貰う事ができるようになる為の事について説明しています。ここでは、まず、保険料の支払いが困難な人が保険料の免除になりますが、どのような人が免除になるのかを説明しています。もし、あなたが収入が無い場合には、免除申請が出来るかもしてません。

また、老後を迎えた人では、加入年数の違いによっても毎月もらえる金額が違ってきますので、ここでは、加入年数別に貰う事が出来る金額を紹介しています。

また、現在、現役の人の場合には、毎月支払っている保険料については、平成29年まで毎年、保険料が高くなっていきます。ここでは、どれくらいの金額になるのかについても分かるようにしていますので、将来、どれくらい、毎月支払う必要があるか分かるようにしています。



老齢基礎年金(国民年金)の免除制度

老齢基礎年金(国民年金)には、支払いの免除制度があります。

・免除制度
 国民年金を払うのが困難な人に対して、保険料を免除する制度があります。

・法廷免除
  ・障害年金の受給者
  ・生活保護を受けている人
  などの一定の要件に該当する人

 ・申請免除/半額免除
   所得が政令で定める額以下で、保険料を納めるのが困難な場合
   申請する事で年金の納付が免除、半額免除の制度があります。
   (扶養親族の有無及び数に応じて所得額が違います。)
  *2006年からは、1/4免除、3/4免除も追加されました。
  
 ・学生納付特例
   学生本人の所得額が68万円以下の場合は申請する事により、
   保険料の納付をしなくてよくなります。
これは、親の収入には関係ありません。
   但し、受給資格期間に反映されるが、老齢基礎年金額には反映されません。



老齢基礎年金(国民年金)の平成17年度の年金額

加入期間 年金年額(月額)  振替加算額 妻の生年月日
40年  794,496(66,208) 9,908   昭和19年4月2日〜昭和20年4月1日
39年  774,636(64,553) 9,392   昭和20年4月2日〜昭和21年4月1日
38年  754,776(62,898) 8,900   昭和21年4月2日〜昭和22年4月1日
37年  734,904(61,242) 8,383   昭和22年4月2日〜昭和23年4月1日
36年  715,056(59,588) 7,867   昭和23年4月2日〜昭和24年4月1日
35年  695,184(57,932) 7,375   昭和24年4月2日〜昭和25年4月1日
34年  675,324(56,277) 6,858   昭和25年4月2日〜昭和26年4月1日
33年  655,464(54,622) 6,342   昭和26年4月2日〜昭和27年4月1日
32年  635,604(52,967) 5,850   昭和27年4月2日〜昭和28年4月1日
31年  615,732(51,311)
30年  595,872(49,656)
29年  576,012(48,001)
28年  556,152(46,346)
27年  536,292(44,691)
26年  516,420(43,035)
25年  496,560(41,380)



老齢基礎年金(国民年金)の保険料

平成17年 13580
平成18年 13860
平成19年 14140
平成20年 14420
平成21年 14700
平成22年 14980
平成23年 15260
平成24年 15540
平成25年 15820
平成26年 16100
平成27年 16380
平成28年 16660
平成29年 16900 ← この金額がMAX




年金を早く貰う/遅く貰う

基本的に年金は、65歳から貰えます。
但し、60歳〜70歳の間で年金を受け取る開始月を選べます。
この事を 繰り上げ・繰り下げ と言います。

 ・繰り上げ : 65歳より前から貰う
         60歳〜65歳未満までの間で選択
 ・繰り下げ : 65歳1ヶ月以降から貰う
         65歳〜70歳までの間で選択

・国民年金の繰り上げ受給
60歳から65歳の間で年金が貰えます。
但し、貰える年金額は少なくなります。
65歳からも満額もらえる年金は、794,496円(平成17年度金額)です。
 ・60歳から年金を貰う場合
   年金額が30%減額されます。
 ・61歳から年金を貰う場合
   年金額が24%減額されます。
 ・62歳から年金を貰う場合
   年金額が18%減額されます。
 ・63歳から年金を貰う場合
   年金額が12%減額されます。
 ・64歳から年金を貰う場合
   年金額が6%減額されます。


・国民年金の繰り下げ受給
65歳からの受給開始を1か月先延ばしした場合は、年金額が0・7%増えます。
70歳から年金を受け取ると42%多い年金額が生涯わたってもらえます




スポンサーリンク




老後の資金計画はお済ですか・・・?


定年退職後は、公的年金だけで十分な生活ができるのだろうか?
そんな公的年金について心配のあなたにとって老後について考えておく必要があることがあります。

厚生年金、国民年金、共済年金などの公的年金をもらう年代になると
お金の事と同時に心配になるのが、健康面の心配ではないかと思います。
多くの方が年齢とともに健康を害する可能性が高くなると思いませんか・・・。


このような健康に関する、もしもの時のことを考えると、老後の生活を安心して過ごす為には生命保険見直しが大切です。
生命保険の見直しを行い、老後の病気に備えつつ、同時に無駄な保険料の出費を抑える事も可能です。
生命保険の保険料は、一生涯のうち住宅購入の次に高い買い物だとも言われています。
だから、生命保険の見直しで無駄な出費を抑えつつ、老後の病気に備えるのも年金と同じぐらい大切ではないでしょうか?


では、生命保険の見直しってどうしたらいいのか?
そんな声が聞こえてきそうですね!(^0^)

それは、公平な立場で安心して相談にのってくれると評判の専門家を選ぶことです!!!
そんな専門家に無料で相談できるのが、
コチラ ⇒ 保険マンモス