国民年金について

国民年金について(その1)

スポンサーリンク

ここでは、自営業者やフリーの人などが、老後になって貰う事ができるようになる為の受給資格をどのように受けることが出来るかの条件について説明しています。

また、現役世代中に、毎月の支払いになる保険料をどれくらい支払う必要があるのか、また、どこで支払う事が可能であるかについても説明していますので、参考にして頂ければと思います。


【国民年金の老齢基礎年金】

ここでは、国民年金に加入している人が老後に貰う事が出来る年金について説明しています。



老齢基礎年金(国民年金)の受給資格

老齢基礎年金(国民年金)の受給資格がある人は、下記の人です。

 ・65歳以上である事
 ・「保険料納付済み期間」と「保険料免除期間」が合計で25年以上である
 ・「保険料納付済み期間」と「保険料免除期間」が合計で25年未満の場合で
  「カラ期間」を合算して25年以上になる場合



老齢基礎年金(国民年金)のカラ期間(合算対象期間)

カラ期間は、合算対象期間とも言います。この制度は、昔の日本の年金制度では、サラリーマンの妻などは、国民年金への加入は、任意加入でした。この為、現在の年金制度になった場合に25年以上の国民年金の保険料を納めていない人が出てきます。このような人への救済処置としてカラ期間(合算対象期間)がもうけられました。

カラ期間(合算対象期間)は、
  ・受給資格期間に算入されます。
  ・老齢基礎年金(国民年金)の年金額の計算には反映されない期間です。
の条件で、受給資格期間に含まれます。

カラ期間(合算対象期間)は、下記の条件に当てはまる人が対象です。

・昭和61年4月1日より前で、サラリーマンの妻などのような被扶養配偶者で
 あり、20歳以上60歳見何の期間で任意加入しなかった場合
・平成3年3月31日までで、学生が任意加入しなかった場合
・昭和61年4月1日以降で第2被保険者(会社員など)の20歳前、60歳以降の期間



老齢基礎年金(国民年金)の納付義務

国民年金の費用は、全額本人が負担し、本人が納付義務を負う



老齢基礎年金(国民年金)の保険料額

月額 : 13,300円
平成17年4月から毎年280円づつ引き上げられる
平成29年度以降は、16,900円で固定



老齢基礎年金(国民年金)の納付方法

全国の下記から国民年金の保険料を納付する事が可能になっています。

 ・銀行
 ・郵便局
 ・信用組合
 ・信用金庫
 ・労働金庫
 ・農協
 ・漁協




スポンサーリンク




老後の資金計画はお済ですか・・・?


定年退職後は、公的年金だけで十分な生活ができるのだろうか?
そんな公的年金について心配のあなたにとって老後について考えておく必要があることがあります。

厚生年金、国民年金、共済年金などの公的年金をもらう年代になると
お金の事と同時に心配になるのが、健康面の心配ではないかと思います。
多くの方が年齢とともに健康を害する可能性が高くなると思いませんか・・・。


このような健康に関する、もしもの時のことを考えると、老後の生活を安心して過ごす為には生命保険見直しが大切です。
生命保険の見直しを行い、老後の病気に備えつつ、同時に無駄な保険料の出費を抑える事も可能です。
生命保険の保険料は、一生涯のうち住宅購入の次に高い買い物だとも言われています。
だから、生命保険の見直しで無駄な出費を抑えつつ、老後の病気に備えるのも年金と同じぐらい大切ではないでしょうか?


では、生命保険の見直しってどうしたらいいのか?
そんな声が聞こえてきそうですね!(^0^)

それは、公平な立場で安心して相談にのってくれると評判の専門家を選ぶことです!!!
そんな専門家に無料で相談できるのが、
コチラ ⇒ 保険マンモス