国民年金について

ここでは、自営業者やフリーの人たちが、貰う事が出来る国民年金について説明していますので、自営業やフリーの人などは、参考にして頂ければと思います。

国民年金について(その1)

ここでは、自営業者やフリーの人などが、老後になって貰う事ができるようになる為の受給資格をどのように受けることが出来るかの条件について説明しています。

また、現役世代中に、毎月の支払いになる保険料をどれくらい支払う必要があるのか、また、どこで支払う事が可能であるかについても説明していますので、参考にして頂ければと思います。

国民年金について(その2)

ここでは、自営業者やフリーの人などが、老後になって貰う事ができるようになる為の事について説明しています。ここでは、まず、保険料の支払いが困難な人が保険料の免除になりますが、どのような人が免除になるのかを説明しています。もし、あなたが収入が無い場合には、免除申請が出来るかもしてません。

また、老後を迎えた人では、加入年数の違いによっても毎月もらえる金額が違ってきますので、ここでは、加入年数別に貰う事が出来る金額を紹介しています。

また、現在、現役の人の場合には、毎月支払っている保険料については、平成29年まで毎年、保険料が高くなっていきます。ここでは、どれくらいの金額になるのかについても分かるようにしていますので、将来、どれくらい、毎月支払う必要があるか分かるようにしています。

障害時の国民年金について

ここでは、加入者が不幸にも、病気やケガなどにより、障害者になってしまった場合について説明しています。

遺族の国民年金について(その1)

ここでは、もし加入者が死亡した場合に残された遺族である家族に支払われる国民年金について説明しています。これは、加入者が今まで支払った掛け金を無駄にしない為に、家族へ還元する為に作成された制度です。

遺族の国民年金について(その2)

ここでは、もし加入者が死亡した場合に残された遺族である家族に支払われる国民年金について説明しています。これは、加入者が今まで支払った掛け金を無駄にしない為に、家族へ還元する為に作成された制度です。

寡婦年金について

ここでは、もし夫が死亡した場合に、夫が支払っていた保険料が貯蓄されている部分の一部を妻が、老後を過ごす時に受け取れるようになる制度について説明しています。