「あ行」の用語集

「アクティブ運用」の用語説明

スポンサーリンク


ここでは、「アクティブ運用(あくてぃぶうんよう)」の用語の説明をしています。「アクティブ運用」と言った用語の意味が分からない、どのような意味なのか気になると言った場合には、ここで紹介している情報を参考にしてもらえればと思います。




アクティブ運用(あくてぃぶうんよう)

アクティブ運用とは、投資信託や年金などを運用するファンドにおいて市場平均を上回る運用成績のリターンを得ることを目的に行なう運用スタイルのことを言います。

このようなアクティブ運用では、経済や市場動向、証券価格などの経済のマクロ的な情報を予測することからはじまり、一般的に投資に関する情報は市場では過剰に反応する事があるので、情報に適切に収集して、その情報を分析すれば、市場の平均以上の運営成果を得ることが出来るようになるという事を考えて、資産の配分であったり、業種別に配分を決めることで、その後に個々の投資対象を洗濯する「トップダウンアプローチ」という投資方法と、ファンドマネージャーやアナリストなどの徹底した調査や分析に基づいて、どのように投資を行なうのかを判断する「ボトムアップアプローチ」という2つがあります。


アクティブ運用の場合は、一般的には、ファンドマネージャーが株式や債券などの組み入れ比率であったり、銘柄を決める事によって、運用成績がどのようになるかはファンドマネージャーの能力によって大きく変わってくることが多いようです。

さらに、アクティブ運用は、手数料や信託報酬などの金額が、他の投資と比べると高めに設定されている傾向があるようです。アクティブ運用でも、投資を行なう場合の目指すベンチマークとしては、日本国内の上場株式を投資の対象とする場合には、日経平均株価などが用いられることがあります。

また、投資対象が海外株式出会った場合には、MSCI指数の各種インデックスを利用されたり、公社債が投資先である場合には「NOMURA−BPI」などが用いられることが多いように感じます。

これらの数値をベンチマークとして、アクティブ運用では、これらの数値を上回る運用実績を目指すという場合が多いように感じます。


スポンサーリンク




老後の資金計画はお済ですか・・・?


定年退職後は、公的年金だけで十分な生活ができるのだろうか?
そんな公的年金について心配のあなたにとって老後について考えておく必要があることがあります。

厚生年金、国民年金、共済年金などの公的年金をもらう年代になると
お金の事と同時に心配になるのが、健康面の心配ではないかと思います。
多くの方が年齢とともに健康を害する可能性が高くなると思いませんか・・・。


このような健康に関する、もしもの時のことを考えると、老後の生活を安心して過ごす為には生命保険見直しが大切です。
生命保険の見直しを行い、老後の病気に備えつつ、同時に無駄な保険料の出費を抑える事も可能です。
生命保険の保険料は、一生涯のうち住宅購入の次に高い買い物だとも言われています。
だから、生命保険の見直しで無駄な出費を抑えつつ、老後の病気に備えるのも年金と同じぐらい大切ではないでしょうか?


では、生命保険の見直しってどうしたらいいのか?
そんな声が聞こえてきそうですね!(^0^)

それは、公平な立場で安心して相談にのってくれると評判の専門家を選ぶことです!!!
そんな専門家に無料で相談できるのが、
コチラ ⇒ 保険マンモス