「あ行」の用語集

「アキュムレーション」の用語説明

スポンサーリンク


ここでは、「アキュムレーション」の用語の説明をしています。「アキュムレーション」と言った用語の意味が分からない、どのような意味なのか気になると言った場合には、ここで紹介している情報を参考にしてもらえればと思います。



アキュムレーション

アキュムレーションとは、会計処理のひとつの方法です。もしも、債券を満期日まで保有した場合には、満期日にキャピタルゲインである償還差益が発生することがあります。これは、債券を購入するときに、アンダーバーと言われる額面金額よりも下回る価格で債券を取得した場合に起こることになります。

アキュムレーションとは、この償還差益が発生した場合には、保有期間中の各期間に配分することによって、債券の帳簿価格である簿価を引き上げていく会計処理の手法になります。


具体的なアキュムレーションの例としては、残存期間が5年の表面の利率が5%で、年1回の利払いである債券を、額面100円であるが、97円で購入した場合には、購入時の簿価は980,000円になります。このような場合に、償還差益を毎期、均等配分するような単純なアキュムレーションを考えると5年後の満期時には、30,000円の償還差益が得られることになります。

これを5年間の均等に配分する場合には、毎年、6,000円の差益が振り分けられることになります。この金額について、簿価を引き上げることによって、帳簿上では、償還差益の期間を毎年、実際に差益があるかのように会計処理を行なう方法になります。

実際に、アキュムレーションを行い、償還差益を毎年に均等で配分し、会計処理を行なった場合には、各期の単利での利回りは次第に小さくなっていく傾向があります。


スポンサーリンク




老後の資金計画はお済ですか・・・?


定年退職後は、公的年金だけで十分な生活ができるのだろうか?
そんな公的年金について心配のあなたにとって老後について考えておく必要があることがあります。

厚生年金、国民年金、共済年金などの公的年金をもらう年代になると
お金の事と同時に心配になるのが、健康面の心配ではないかと思います。
多くの方が年齢とともに健康を害する可能性が高くなると思いませんか・・・。


このような健康に関する、もしもの時のことを考えると、老後の生活を安心して過ごす為には生命保険見直しが大切です。
生命保険の見直しを行い、老後の病気に備えつつ、同時に無駄な保険料の出費を抑える事も可能です。
生命保険の保険料は、一生涯のうち住宅購入の次に高い買い物だとも言われています。
だから、生命保険の見直しで無駄な出費を抑えつつ、老後の病気に備えるのも年金と同じぐらい大切ではないでしょうか?


では、生命保険の見直しってどうしたらいいのか?
そんな声が聞こえてきそうですね!(^0^)

それは、公平な立場で安心して相談にのってくれると評判の専門家を選ぶことです!!!
そんな専門家に無料で相談できるのが、
コチラ ⇒ 保険マンモス