「あ行」の用語集

「育児期間における従前標準報酬月額みなし措置」の用語説明

スポンサーリンク


ここでは、「育児期間における従前標準報酬月額みなし措置」の用語の説明をしています。「育児期間における従前標準報酬月額みなし措置」と言った用語の意味が分からない、どのような意味なのか気になると言った場合には、ここで紹介している情報を参考にしてもらえればと思います。



育児期間における従前標準報酬月額みなし措置

育児期間における従前標準報酬月額みなし措置とは、年金制度における次世代の子供を育成しやすい環境を整えるために作られた制度のひとつです。「育児期間における従前標準報酬月額みなし措置」の特徴としては、年金の掛け金を実情よりも多くしてくれると言った制度になります。

まずは、年金制度の基本的な事柄を理解してもらいたいと思います。会社に勤めている人の場合には、厚生年金に加入していると思います。この厚生年金の保険料の掛け金は、あなたの給料がどれくらい貰っているのかと言った点などで決められます。この為、高額の給料を貰っている人の場合には、厚生年金の保険料は高額になります。もちろん、支払った金額が多くなると貰うことが出来る年金額も多くなります。


さて、「育児期間における従前標準報酬月額みなし措置」の説明に戻りたいと思います。この制度では、具体的には、子供が3歳になるまでの期間において、子供を養育する前よりも標準報酬月額(年金計算に使う給料の事)、子供を養育するようになってから標準報酬月額が低くなった場合に、子供を養育する前の標準報酬月額で、厚生年金で貰える年金額を計算するようにすると言った制度になります。

つまり、子供を養育する前よりも標準報酬月額が下がった場合には、毎月の厚生年金の保険料の支払額は下がります。しかし、子供が3歳になるまでは、支払う保険料は下がったままでいいので、老後などに厚生年金を貰うときには、子供を養育する前の金額の標準報酬月額で計算してくれると言った制度です。


ただし、この「育児期間における従前標準報酬月額みなし措置」を利用する場合には、被保険者の申し出が必要です。知っているかどうかで大きく変わるので、出来れば、会社の担当部署の人が申し出るような手続きをするようにアドバイスし、手続きもしてもらえると嬉しいですね。



スポンサーリンク




老後の資金計画はお済ですか・・・?


定年退職後は、公的年金だけで十分な生活ができるのだろうか?
そんな公的年金について心配のあなたにとって老後について考えておく必要があることがあります。

厚生年金、国民年金、共済年金などの公的年金をもらう年代になると
お金の事と同時に心配になるのが、健康面の心配ではないかと思います。
多くの方が年齢とともに健康を害する可能性が高くなると思いませんか・・・。


このような健康に関する、もしもの時のことを考えると、老後の生活を安心して過ごす為には生命保険見直しが大切です。
生命保険の見直しを行い、老後の病気に備えつつ、同時に無駄な保険料の出費を抑える事も可能です。
生命保険の保険料は、一生涯のうち住宅購入の次に高い買い物だとも言われています。
だから、生命保険の見直しで無駄な出費を抑えつつ、老後の病気に備えるのも年金と同じぐらい大切ではないでしょうか?


では、生命保険の見直しってどうしたらいいのか?
そんな声が聞こえてきそうですね!(^0^)

それは、公平な立場で安心して相談にのってくれると評判の専門家を選ぶことです!!!
そんな専門家に無料で相談できるのが、
コチラ ⇒ 保険マンモス