厚生・国民年金の定年退職後の手続き

ここでは、定年退職後に厚生・国民年金に関して行う手続きについて説明します。 ここで説明している内容を行う事によって、老後になってからの手続きをどのような事をいつ頃やる必要があるのかを理解する事ができると思いますので参考にして頂ければと思います。

厚生年金・国民年金に関する定年退職後の手続きの流れ

ここでは、定年退職後の手続きについて、流れを説明します。まずは、全体の流れを把握してもらいたいと思います。ここの内容を確認する事で、いつ頃にどのような事を行う必要があるのかを理解する事が出来ると思います。

定年退職直後に行う手続き

定年退職直後の手続きは、夫が定年退職した場合に妻が60歳未満の場合に必要な手続きになります。ここでは、60歳未満の妻に必要な手続きについて説明して行きます。

年金が請求できるようになったら行う手続き(その1)

年金を貰う事ができるようになった時に年金を貰う手続きを行います。
ここでは、年金を貰う手続きについて説明して行きます。

年金が請求できるようになったら行う手続き(その2)

年金を貰う事ができるようになった時に年金を貰う手続きを行います。
ここでは、年金を貰う手続きについて説明して行きます。

年金は何歳から貰えるか(その1)

ここでは、何歳になれば年金が貰う事ができるのかを説明しています。

年金は何歳から貰えるか(その2)

ここでは、何歳になれば年金が貰う事ができるのかを説明しています。

年金は何歳から貰えるか(その3)

ここでは、何歳になれば年金が貰う事ができるのかを説明しています。

年金が貰えるようになると連絡が来る方法

ここでは、年金が貰える年齢になると連絡が来る方法を説明しています。

年金請求から2〜3ヶ月後

年金を貰う手続き後に確認しておくべき事です。
ここでは、どのように年金が貰えるかなどの確認しておくべき事を説明して行きます。

毎年の定期的な申告書の提出

年金を貰いだしたら、毎年、決まった時期に申告書の提出が必要になります。
ここでは、提出する申請書について説明して行きます。

65歳の誕生月に行う事

ここでは、65歳の誕生月で行う申請内容について説明して行きます。

厚生年金・国民年金の現状届の提出が原則不要について

2006年12月から、厚生年金・国民年金の現状届の提出が原則不要になりました。ここでは、この厚生年金・国民年金の現状届の提出が原則不要について説明しています。

厚生年金・国民年金の現状届などの提出が必要な人

2006年12月から、厚生年金・国民年金の現状届の提出が原則不要になりました。これは、基本的には、不用ということですので、現状届などの提出が必要な場合があります。

厚生年金・国民年金の現状届などの提出が必要な人(つづき)

2006年12月から、厚生年金・国民年金の現状届の提出が原則不要になりました。ここでは、「障害の程度の確認が必要な人」の場合の必要となる届け出る必要があるものについて見ていきます。