厚生・国民年金の金額を増やす方法

厚生・国民年金額を増やす方法について(その1)

スポンサーリンク

ここでは、老後になってから貰う事が出来る金額が、まずは、あなたにとって十分な金額であるのかを確認しています。出来だけ多くの金額を貰うに越した事はありませんが、まずは、現状を知る事が一番であるとおもいます。

また、老後を迎えてから、比較的、正確にあなたが貰う事が出来る金額を調べる方法を、だいたいの金額を調べる方法の2つの方法を紹介していますので、一度、試してみてはいかがでしょう。ここで説明している内容を参考、あなたの老後の生活の安定にお役に立てればと思います。


【年金額を増やす方法について】


年金を普通に貰うだけでは、老後の生活をしていくのに十分な金額が貰えるとはかぎりません。もちろん、各自が老後に向けて貯蓄や資産運用を行なう事が必要になりますが、年金を活用した方法もあります。ここでは、年金を活用して、老後に貰える年金額を増やす方法を説明しています。


あなたが貰える年金額を増やす方法を考える前に、まずは、あなたが老後になってどれくらいの年金が貰えるかを知る必要があります。まずは、自分の年金額を知る方法を説明してから貰える年金額を増やす方法を説明します。

もらえる年金額を確認し、足りるか足りないかを把握する

・国民年金のみに加入していた場合
国民年金のみに加入していた人は、下記の通りになります。

満額(40年加入)で794,500円になります。
(平成17年度の老齢基礎年金額)

厚生年金と国民年金に加入した事がる場合は、社会保険庁にて確認できます。
下記の「・厚生年金に加入した事がある場合」を参考にしてください。


・厚生年金に加入した事がある場合
50歳以上の人なら最寄の社会保険事務所に行き 
 ・年金の加入履歴
 ・年金見込額の照会
を行う事で正確な年金額が分かります。
*50歳未満でも「年金の加入履歴」の確認は行なえます。

概算の年金額が知りたい場合は、社会保険庁のホームページにて計算できます。

自分で計算する方法
下記の方法では、正しい年金額を知る事は出来ません。
なんとなくこれくらいだろうというぐらいにしてください。

・方法1
(「現在の新入社員の初任給」 と 「現在の月収」 の平均額) × 被保険者期間

・方法2
退職時の給料の70%
 又は、
30代の給料 




スポンサーリンク




老後の資金計画はお済ですか・・・?


定年退職後は、公的年金だけで十分な生活ができるのだろうか?
そんな公的年金について心配のあなたにとって老後について考えておく必要があることがあります。

厚生年金、国民年金、共済年金などの公的年金をもらう年代になると
お金の事と同時に心配になるのが、健康面の心配ではないかと思います。
多くの方が年齢とともに健康を害する可能性が高くなると思いませんか・・・。


このような健康に関する、もしもの時のことを考えると、老後の生活を安心して過ごす為には生命保険見直しが大切です。
生命保険の見直しを行い、老後の病気に備えつつ、同時に無駄な保険料の出費を抑える事も可能です。
生命保険の保険料は、一生涯のうち住宅購入の次に高い買い物だとも言われています。
だから、生命保険の見直しで無駄な出費を抑えつつ、老後の病気に備えるのも年金と同じぐらい大切ではないでしょうか?


では、生命保険の見直しってどうしたらいいのか?
そんな声が聞こえてきそうですね!(^0^)

それは、公平な立場で安心して相談にのってくれると評判の専門家を選ぶことです!!!
そんな専門家に無料で相談できるのが、
コチラ ⇒ 保険マンモス