遺族年金の基礎

国民年金の遺族基礎年金は「子育て年金」

スポンサーリンク


国民年金の遺族基礎年金は「子育て年金」

国民年金にも遺族基礎年金と言った遺族年金があります。この遺族基礎年金は、「子育て年金」とも言われており、残された遺族である子供が受け取ることが出来るようになっています。


具体的に遺族基礎年金を受け取ることが出来る遺族とは、
・子供のある妻
・子供
に限られています。




遺族厚生年金、遺族共済年金と同じように、妻も遺族基礎年金を受け取ることが出来る人に入っていますが、国民年金の場合には、子供がいると言った制限が付いています。


具体的な遺族基礎年金を妻が受け取ることが出来る条件としては、18歳未満の子供が居る場合に限られます。子供が18歳になった年度末まで遺族基礎年金を受け取ることが出来ます。


このように、国民年金の遺族年金である、遺族基礎年金からの支給を受ける事が出来るのは、子供が育つまでという制限がついています。このような事柄から、遺族基礎年金は、「子育て年金」と言われています。



では、子供が居ない、国民年金に加入している人が亡くなった時は、どうなるのでしょうか?国民年金に加入している人が死亡した場合には、遺族厚生年金や遺族共済年金などとは違い配偶者が継続的に遺族年金を受け取ること出来るような仕組みがありません。


子供も居ない人の場合は、遺族基礎年金も支給されません。これでは、今までに支払っていた国民年金の保険料が掛け捨てになってしまい不公平となります。このようなケースにせっかく支払った保険料を無駄にしない為に、「寡婦年金」、「死亡一時金」と言った、国民ね金に加入している人の為の制度が準備されています。





スポンサーリンク




老後の資金計画はお済ですか・・・?


定年退職後は、公的年金だけで十分な生活ができるのだろうか?
そんな公的年金について心配のあなたにとって老後について考えておく必要があることがあります。

厚生年金、国民年金、共済年金などの公的年金をもらう年代になると
お金の事と同時に心配になるのが、健康面の心配ではないかと思います。
多くの方が年齢とともに健康を害する可能性が高くなると思いませんか・・・。


このような健康に関する、もしもの時のことを考えると、老後の生活を安心して過ごす為には生命保険見直しが大切です。
生命保険の見直しを行い、老後の病気に備えつつ、同時に無駄な保険料の出費を抑える事も可能です。
生命保険の保険料は、一生涯のうち住宅購入の次に高い買い物だとも言われています。
だから、生命保険の見直しで無駄な出費を抑えつつ、老後の病気に備えるのも年金と同じぐらい大切ではないでしょうか?


では、生命保険の見直しってどうしたらいいのか?
そんな声が聞こえてきそうですね!(^0^)

それは、公平な立場で安心して相談にのってくれると評判の専門家を選ぶことです!!!
そんな専門家に無料で相談できるのが、
コチラ ⇒ 保険マンモス