年金分割制度の参考情報

年金分割と年金の税金について

スポンサーリンク


年金分割と年金の税金について


公的年金であっても、もちろん税金の対象となります。対象となるのは所得税です。
公的年金の所得税は、源泉徴収されることになります。


ただし、障害年金や遺族年金については、非課税扱いとなっています。
ちなみに、老齢退職年金は、雑所得になります。


年金分割をした場合には、元々も自分の年金額と年金分割
貰える年金の総額を足して、貰っている年金の総額を出す事になります。

この時に、公的年金の所得に関しても、控除額が設定されています。
公的年金の控除額については、65歳未満か65歳以上かによって、控除額が違ってきます。
下記に公的年金の控除額を載せておきますので、実際に計算すると
あなたの年金のいくらまでが、税金の控除になるかが分かります。


もしも、あなたが貰っている年金額が控除額を超えている場合には、
税金の課税対象となります。


【公的年金の控除額(65歳未満)】
収入金額公的年金等の控除額
130万円以下70万円
130万円超〜410万円以下収入金額×25%+37.5万円
410万円超〜770万円以下収入金額×15%+78.5万円
770万円声超収入金額×5%+155.5万円




【公的年金の控除額(65歳以上)】
収入金額公的年金等の控除額
330万円以下120万円
330万円超〜410万円以下収入金額×25%+37.5万円
410万円超〜770万円以下収入金額×15%+78.5万円
770万円声超収入金額×5%+155.5万円




なお、公的年金を貰っている人は、毎年、社会保険庁から毎年、11月頃に
扶養親族の申請書が送られてきますので、この時に扶養家族の申請をする事で、
扶養する家族によって、控除額が多くなります。



また、年金を貰っている人は、生命保険や健康保険などの保険料の控除を受けたい場合
には、確定申告をすることになります。

毎年、社会保険業務センターから「源泉徴収票」が送られてきますので、
これを大切に保管しておく必要があります。




スポンサーリンク




老後の資金計画はお済ですか・・・?


定年退職後は、公的年金だけで十分な生活ができるのだろうか?
そんな公的年金について心配のあなたにとって老後について考えておく必要があることがあります。

厚生年金、国民年金、共済年金などの公的年金をもらう年代になると
お金の事と同時に心配になるのが、健康面の心配ではないかと思います。
多くの方が年齢とともに健康を害する可能性が高くなると思いませんか・・・。


このような健康に関する、もしもの時のことを考えると、老後の生活を安心して過ごす為には生命保険見直しが大切です。
生命保険の見直しを行い、老後の病気に備えつつ、同時に無駄な保険料の出費を抑える事も可能です。
生命保険の保険料は、一生涯のうち住宅購入の次に高い買い物だとも言われています。
だから、生命保険の見直しで無駄な出費を抑えつつ、老後の病気に備えるのも年金と同じぐらい大切ではないでしょうか?


では、生命保険の見直しってどうしたらいいのか?
そんな声が聞こえてきそうですね!(^0^)

それは、公平な立場で安心して相談にのってくれると評判の専門家を選ぶことです!!!
そんな専門家に無料で相談できるのが、
コチラ ⇒ 保険マンモス