年金分割制度の基礎

年金分割の仕組み(2007年4月実施分)

スポンサーリンク


年金分割の仕組み(2007年4月実施分)


年金分割の制度は、2007年4月に実施される制度と
2008年4月に実施される制度と2つに分かれています。



ここでは、2007年4月に実施された年金分割の仕組み
を見ていきたいと思います。




年金分割が対象となる人


2007年4月に実施された年金分割の対象になる人は、
2007年4月以降に離婚をした人が対象になります。




対象となる年金分割の期間


年金分割の対象となる期間は、婚姻期間中の厚生年金になります。
この為、結婚前の厚生年金については、年金分割の対象外になります。




分割される年金の種類と分割方法


分割される公的年金の対象は、「厚生年金」、「共済年金」が対象です。
「国民年金」は対象外です。

実際に、年金分割が行なわれるのは、年金の金額が分割されるわけではありません。
分割されるのは、夫がサラリーマンで厚生年金に加入していて、妻が専業主婦の場合には、
夫の年金部分の厚生年金の報酬比例部分が分割されます。


これでは、少し、分かりにくいと思いますので、少し、詳しく紹介したいと思います。
厚生年金に加入している場合には、現役時代に厚生年金の保険料を納める事になります。
この現役時代の保険料は、現役時代の給料の額により支払う保険料が変わっています。


この厚生年金の保険料を多く納めている人ほど、老後の厚生年金が貰える金額が多くなります。
つまり、多く保険料を支払った人が多く年金を貰えるという事です。
この為、厚生年金の場合には、現役時代にどれくらいの保険料を納めたかが重要になります。


年金分割を行なう場合には、夫が支払っていた厚生年金の保険料の納付記録の一部を
妻に分割する事により、妻も厚生年金の保険料を支払っていたような感じに
年金の記録がなると言うことになります。




年金分割の割合


年金分割の割合は、
夫がサラリーマンで、厚生年金に加入していて、妻が専業主婦の場合には、
夫の厚生年金の保険料納付記録最大5割
妻に分割されることになります。




年金分割の決め方と手続き


年金分割の分割割合の決め方は、夫婦間の協議による話し合いになりますが、
夫婦の話し合いでも解決しない場合には、家庭裁判所に調停を申し出ることで、
家庭裁判所にて決めて貰う事ができます。

このように、年金分割の割合が決まったら、住んでいる住所のある
最寄の社会保険事務所にて年金分割の請求を行なう必要があります。




その他


年金分割を行なうことができるのは、離婚をしてから2年以内になっています。
もしも、離婚成立後の2年が過ぎた場合には、年金分割が行なえなくなります。





また、公的な年金を貰う為には、カラ期間などの特例処置を除いて、基本的には、公的年金の
保険料を25年間支払っておく必要があります。

年金分割を行なった場合には、夫の厚生年金の納付記録の一部が妻に移ることに
なりますが、この夫の納付記録は、上記の25年の年金を納めた期間としてはカウントされません。

なお、現在では、夫が厚生年金に加入している専業主婦の人の場合には、保険料が免除されています。
この為、公的年金の保険料を納めていなくても、保険料を納付している扱いになります。
昔は、専業主婦の人は、このような保険料免除が無かったので、公的年金に未加入であった可能性があります。







スポンサーリンク




老後の資金計画はお済ですか・・・?


定年退職後は、公的年金だけで十分な生活ができるのだろうか?
そんな公的年金について心配のあなたにとって老後について考えておく必要があることがあります。

厚生年金、国民年金、共済年金などの公的年金をもらう年代になると
お金の事と同時に心配になるのが、健康面の心配ではないかと思います。
多くの方が年齢とともに健康を害する可能性が高くなると思いませんか・・・。


このような健康に関する、もしもの時のことを考えると、老後の生活を安心して過ごす為には生命保険見直しが大切です。
生命保険の見直しを行い、老後の病気に備えつつ、同時に無駄な保険料の出費を抑える事も可能です。
生命保険の保険料は、一生涯のうち住宅購入の次に高い買い物だとも言われています。
だから、生命保険の見直しで無駄な出費を抑えつつ、老後の病気に備えるのも年金と同じぐらい大切ではないでしょうか?


では、生命保険の見直しってどうしたらいいのか?
そんな声が聞こえてきそうですね!(^0^)

それは、公平な立場で安心して相談にのってくれると評判の専門家を選ぶことです!!!
そんな専門家に無料で相談できるのが、
コチラ ⇒ 保険マンモス