厚生年金について

ここでは、厚生年金についての基礎知識について説明しています。
会社に勤めているサラリーマンなどの人の場合は、ここで説明している内容を参考にして頂ければと思います。

厚生年金について(その1)

ここで説明している内容は、会社員(サラリーマン、OL)のように会社に勤めている人が「60歳〜65歳」までの間で貰う事が出来る厚生年金について説明しています。会社員の人の場合には、60歳〜65歳までと、65歳以降とでは、細かく見ると違いがありますので、まずは、ここで、60歳〜65歳までの部分について説明しています。

厚生年金について(その2)

厚生年金は、今までは、60歳から貰えるのが普通でした。しかし、今後は、貰えるようになる年齢が65歳からになります。しかし、貰えるようになる年齢を、いきなり60歳から65歳へ切り替えるような事はしていません。ある程度の猶予期間があり、この猶予期間の間に段階的に至急開始年齢が引き上げられます。

ここでは、この60歳〜65歳の間で、支給年齢が段階的に引き上げられる年齢について見ていきます。実際に、あなたの場合には、何歳から貰えるようになるのかを確認して頂ければと思います。また、男性の場合と女性の場合では、この段階的に引き上げられる年度に違いがありますので、この点は、注意して確認してください。

厚生年金について(その3)

ここでは、65歳以降に貰う事が出来る部分について確認しています。65歳以上の人でも貰える為の条件がありますので、この条件についても説明しています。また、ここでは、貰える金額がどのようにして決定されているのかの計算方法も紹介していますので、参考にして頂ければと思います。

厚生年金について(その4)

ここでは、「定額部分」や「妻の部分」などの支払われる金額をさらに細かい点について説明しています。妻が居たり、子供が居る場合には、夫がひとりで居るよりも多くもらえるようになる場合もありますので、ここで、このような点についても説明しています。

障害厚生年金について

ここでは、加入者が障害を負ってしまった場合の厚生年金について説明しています。
障害を負った場合には、障害の等級にもよりますが、60歳や65歳にならなくても支給の開始してもらえます。

遺族厚生年金について

ここでは、もし加入者が死亡した場合に残された家族に支払われる遺族厚生年金について説明しています。これは、加入者が今まで支払った掛け金を無駄にしない為に、家族へ還元する為に作成された制度です。