厚生年金の保険料

厚生年金の保険料の決定方法

スポンサーリンク


ここでは、毎月支払っている厚生年金の支払額(保険料)がどのように決まっているかについて見て行きます。


厚生年金の保険料の決定方法


毎月支払っている、厚生年金の保険料は、あなたが貰っている給料によって違ってきます。


ただし、この給料がどのくらい貰っているかというのは、一年分の給料である年収が問題ではありません。


貰っている給料の金額は、毎年、4月1日〜6月30日の3ヵ月に受け取った給料の平均で決まります。

例えば、4月、5月、6月の給料が、
4月の給料額 : 25万円
5月の給料額 : 20万円
6月の給料額 : 30万円
の場合には、

(25万円+20万円+30万円)÷3ヵ月 = 25万円
この25万円が平均の収入となり、厚生年金の支払額の決定に使われます。
なお、ここでの給料とは、残業代など含めた金額になります。


厚生年金の保険料の支払額が変更されるのは、9月から翌年の8月まで適応されます。ただし、厚生年金の支払額は、1ヶ月遅れでの徴収になりますので、実際に金額が変更されるのは、10月からになります。


下記に厚生年金を支払っている人が、どれくらいの給料を貰っている場合に、どれくらいの保険料を支払う事になるのかの一覧を載せておきますので参考にしていただければと思います。


【厚生年金 保険料月額表 (平成18年9月分)】
給料額厚生年金保険料
98,000未満 7,174.58
101,000〜107,000未満 7,613.84
107,000〜114,000未満 8,053.10
118,000〜122,000未満 8,638.78
122,000〜130,000未満 9,224.46
130,000〜138,000未満 9,810.14
138,000〜146,000未満 10,395.82
146,000〜155,000未満 10,981.50
155,000〜165,000未満 11,713.60
165,000〜175,000未満 12,445.70
175,000〜185,000未満 13,177.80
185,000〜195,000未満 13,909.90
195,000〜210,000未満 14,642.00
210,000〜230,000未満 16,106.20
230,000〜250,000未満 17,570.40
250,000〜270,000未満 19,034.60
270,000〜290,000未満 20,498.80
290,000〜310,000未満 21,963.00
310,000〜330,000未満 23,427.20
330,000〜350,000未満 24,891.40
350,000〜370,000未満 26,355.60
370,000〜395,000未満 27,819.80
395,000〜425,000未満 30,016.10
425,000〜455,000未満 32,212.40
455,000〜485,000未満 34,408.70
485,000〜515,000未満 36,605.00
515,000〜545,000未満 38,801.30
545,000〜575,000未満 40,997.60
575,000〜605,000未満 43,193.90
605,000以上 45,390.20




スポンサーリンク




老後の資金計画はお済ですか・・・?


定年退職後は、公的年金だけで十分な生活ができるのだろうか?
そんな公的年金について心配のあなたにとって老後について考えておく必要があることがあります。

厚生年金、国民年金、共済年金などの公的年金をもらう年代になると
お金の事と同時に心配になるのが、健康面の心配ではないかと思います。
多くの方が年齢とともに健康を害する可能性が高くなると思いませんか・・・。


このような健康に関する、もしもの時のことを考えると、老後の生活を安心して過ごす為には生命保険見直しが大切です。
生命保険の見直しを行い、老後の病気に備えつつ、同時に無駄な保険料の出費を抑える事も可能です。
生命保険の保険料は、一生涯のうち住宅購入の次に高い買い物だとも言われています。
だから、生命保険の見直しで無駄な出費を抑えつつ、老後の病気に備えるのも年金と同じぐらい大切ではないでしょうか?


では、生命保険の見直しってどうしたらいいのか?
そんな声が聞こえてきそうですね!(^0^)

それは、公平な立場で安心して相談にのってくれると評判の専門家を選ぶことです!!!
そんな専門家に無料で相談できるのが、
コチラ ⇒ 保険マンモス