厚生年金の保険料

あなたが支払っている保険料は?

スポンサーリンク

ここでは、サラリーマンやOLのような会社員が支払っている保険料の支払いに関する事について説明しています。保険料の支払いについて、どのような義務があり、どのように保険料が決まっているのかをここで説明していますので、参考にして頂ければと思います。

ここでは、あなたの場合には、どれくらいの保険料を支払う事になるのかについても、一覧で分かるようにしています。このように保険料を一覧で分かりやすくしていますので、毎月の保険料を下げたい人が居る場合は、ある程度、自分で調整をする事も可能になると思います。

また、ここでは、出産に伴う育児休業中の人の場合は、有利な制度もありますので、この有利な制度とは、どのような制度であるのかについても説明していますので、参考にして頂ければと思います。


【厚生年金の支払い関係】

ここでは、厚生年金の保険料の支払いについて説明しています。



納付義務

原則として、本人と事業主の折半になります。
国民年金は、すべて自己負担である為、加入している個人としては、かなり有利な年金制度であると言えるのではないでしょうか。


保険料

厚生年金保険の保険料は、会社に勤めている人の給料をもとに標準報酬月額を決定します。この標準報酬月額に保険料率をかけて計算します。
標準報酬月額が計算された後は、標準報酬等級表にあてはめて、該当の収入部分の決められた保険料を見れば保険料を算出する事ができます。現在、標準報酬の等級は、9万8千円から62万円までの30等級に区分されています。
また、ボーナスや賞与のように給料以外のものに対しても、総支給額に保険料率をかけて保険料を計算します。


・育児休業中はどうなるの?
 申し出により、本人と事業主の保険料は免除されます。
保険料納付済み期間になりますが、年金を貰う時の年金額が増える事はありません。
 年金の加入期間が増えるだけです。

・厚生年金の保険料は、2004年10月より、平均月収額に対して、毎年 3.54/1000 
 ずつ引き上げられます。最大は、183/1000まで毎年引き上げられていきます。




【厚生年金の保険料】
標準報酬月額保険料
 101,000円 未満  約7,001円 
 101,000円以上 〜 107,000円未満  約7,429円 
 107,000円以上 〜 114,000円未満  約7,858円 
 114,000円以上 〜 122,000円未満  約8,429円 
 122,000円以上 〜 130,000円未満  約9,001円 
 130,000円以上 〜 138,000円未満  約9,572円 
 138,000円以上 〜 146,000円未満  約10,144円 
 146,000円以上 〜 155,000円未満  約10,716円 
 155,000円以上 〜 165,000円未満  約11,430円 
 165,000円以上 〜 175,000円未満  約12,144円 
 175,000円以上 〜 185,000円未満  約12,859円 
 185,000円以上 〜 195,000円未満  約13,573円 
 195,000円以上 〜 210,000円未満  約14,288円 
 210,000円以上 〜 230,000円未満  約15,716円 
 230,000円以上 〜 250,000円未満  約17,145円 
 250,000円以上 〜 270,000円未満  約18,574円 
 270,000円以上 〜 290,000円未満  約20,003円 
 290,000円以上 〜 310,000円未満  約21,432円 
 310,000円以上 〜 330,000円未満  約22,860円 
 330,000円以上 〜 350,000円未満  約24,289円 
 350,000円以上 〜 370,000円未満  約25,718円 
 370,000円以上 〜 395,000円未満  約27,147円 
 395,000円以上 〜 425,000円未満  約29,290円 
 425,000円以上 〜 455,000円未満  約31,433円 
 455,000円以上 〜 485,000円未満  約33,576円 
 485,000円以上 〜 515,000円未満  約35,720円 
 515,000円以上 〜 545,000円未満  約37,863円 
 545,000円以上 〜 575,000円未満  約40,006円 
 575,000円以上 〜 605,000円未満  約42,149円 
 605,000円以上  約44,292円 




スポンサーリンク




老後の資金計画はお済ですか・・・?


定年退職後は、公的年金だけで十分な生活ができるのだろうか?
そんな公的年金について心配のあなたにとって老後について考えておく必要があることがあります。

厚生年金、国民年金、共済年金などの公的年金をもらう年代になると
お金の事と同時に心配になるのが、健康面の心配ではないかと思います。
多くの方が年齢とともに健康を害する可能性が高くなると思いませんか・・・。


このような健康に関する、もしもの時のことを考えると、老後の生活を安心して過ごす為には生命保険見直しが大切です。
生命保険の見直しを行い、老後の病気に備えつつ、同時に無駄な保険料の出費を抑える事も可能です。
生命保険の保険料は、一生涯のうち住宅購入の次に高い買い物だとも言われています。
だから、生命保険の見直しで無駄な出費を抑えつつ、老後の病気に備えるのも年金と同じぐらい大切ではないでしょうか?


では、生命保険の見直しってどうしたらいいのか?
そんな声が聞こえてきそうですね!(^0^)

それは、公平な立場で安心して相談にのってくれると評判の専門家を選ぶことです!!!
そんな専門家に無料で相談できるのが、
コチラ ⇒ 保険マンモス