公的年金の基礎知識

公的年金の2階建ての仕組み【国民年金・厚生年金・共済年金】

スポンサーリンク

ここでは、日本の公的年金の国民年金、厚生年金、共済年金の基本的な仕組みである2階建て構造についての説明をしておきたいと思います。


国民年金・厚生年金・共済年金の公的年金の2階建て構造の仕組み


日本の公的年金制度は、「2階建て構造」の仕組みになっていると、公的年金に関する書籍などの説明にも記述されている事があります。

これは、会社員であるサラリーマンやOLが加入している厚生年金や、公務員が加入している共済年金などに加入している人の保険料の一部が、国民年金にも拠出されている為、厚生年金、共済年金に加入している人は、自動的に、国民年金に加入しているという事になっています。この為、必然的に、日本では、公的年金に加入している場合には、必ず、国民年金に加入しているという事になります。

このように、公的年金に加入しているという事は、国民年金に加入している事になりますので、これは、公的年金の基礎年金部分として公的年金の1階部分となります。さらに、厚生年金や共済年金などは、国民年金とは別に上澄み部分の年金が存在しますので、この部分の年金を2階建て部分として言われています。


公的年金を受け取る事になったには、公的年金に加入している人は、基礎年金として国民年金から年金を受け取ります。これが1階部分の年金になります。さらに、厚生年金、共済年金に加入していた場合には、さらに、報酬比例部分と言った、厚生年金、共済年金の保険料を支払った額に応じて2階建て部分の年金を受給する事になります。



2階部分   厚生年金(受給時の正式呼称は老齢厚生年金) 国家公務員共済 地方公務員共済 私立学校教職員共済
1階部分 国民年金基礎年金(受給時の正式呼称は「老齢基礎年金」)
加入者 第1号被保険者

個人事業主
自営業者
無職者
パート
アルバイト
など
第3号被保険者

第2号被保険者の
被扶養配偶者


第2号被保険者

民間企業の
 ・サラリーマン
 ・OL
など

第2号被保険者

公務員等






上記が公的年金の2階構造の基本の説明になります。


上記のように公的年金では、2階建て構造になっていますが、国民年金に加入している自営業やフリーランス、アルバイトをしている人は、国民年金のみにしか加入する事が出来ないので、老後になって貰う事ができる金額が少なくなってしまいます。

このような事を考えられて作られたのが、「国民年金基金」、「付加年金」などの国民年金にプラスαする事が出来る制度が設けられています。このような公的年金の受給時に年金額を増額することができる制度は、厚生年金の場合には、「厚生年金基金」、共済年金には、「職域相当部分」などが存在します。





スポンサーリンク




老後の資金計画はお済ですか・・・?


定年退職後は、公的年金だけで十分な生活ができるのだろうか?
そんな公的年金について心配のあなたにとって老後について考えておく必要があることがあります。

厚生年金、国民年金、共済年金などの公的年金をもらう年代になると
お金の事と同時に心配になるのが、健康面の心配ではないかと思います。
多くの方が年齢とともに健康を害する可能性が高くなると思いませんか・・・。


このような健康に関する、もしもの時のことを考えると、老後の生活を安心して過ごす為には生命保険見直しが大切です。
生命保険の見直しを行い、老後の病気に備えつつ、同時に無駄な保険料の出費を抑える事も可能です。
生命保険の保険料は、一生涯のうち住宅購入の次に高い買い物だとも言われています。
だから、生命保険の見直しで無駄な出費を抑えつつ、老後の病気に備えるのも年金と同じぐらい大切ではないでしょうか?


では、生命保険の見直しってどうしたらいいのか?
そんな声が聞こえてきそうですね!(^0^)

それは、公平な立場で安心して相談にのってくれると評判の専門家を選ぶことです!!!
そんな専門家に無料で相談できるのが、
コチラ ⇒ 保険マンモス